犬も寒いのが嫌いだと思う

犬も寒いのが嫌いだと思う

今年の冬は本当に寒い。雪もすごい。
子供の頃は、確かに雪が降ると大喜びだったが、大きくなってからの雪はうれしいものではない。
雪かき・運転・外出など困る事ばかり。
6歳になるトイ・プードルも人間と同じで、寒さは苦手のようだ。
童謡の歌詞にもあるように、犬は雪が大好きで庭を駆け回ると思いきや、
うちの犬は駆け回るどころか寒さのあまり、立ちすくんでしまう事がある。
その時は抱きかかえて戻る。用だけ済んだら家に一目散である。
犬用のコートを着せ、女王様のように外に出たと思いきや、
一目散に家に向かう犬を見ると可愛らしくて笑えてくる

チワワを飼っている友達もそういえば同じような事を言っていたな、と思ったので調べてみたら、
やはり寒さに強い犬と弱い犬がいるようで、チワワととプードルは寒さに弱い事がわかった
家の中でも、ブランケットや人間のひざの上が大好きで常にどちらかに居る。
私も、昼間はのんびり出来ないのでソファーを見ると、ブランケットにうずくまっているか、
上に乗っている。ふかふかして気持ちがいいのかな。
そろそろ、グルーミングに行きたいところだが、短くなってしまうと寒そうなのでしばらく様子を見ている。
目の上の伸びた毛は、娘に手伝ってもらいながら私が切っている。

立春も過ぎ、家にはお雛様を飾った。お雛様があるだけで、とても華やいだ明るい雰囲気になる。
冬もあと少しの間かな。四季のあることは良いことだと思うようにして、
雪景色を眺めながら、春が来るのを待とう。