東北の仙台でも大雪には困っています

東北の仙台でも大雪には困っています

この冬はほとんど雪が降らないなと思っていたら、先週と今週と2週続けて大雪です。
私が住んでいる仙台でもそうです。
仙台は東北にありながら雪が積もることは稀な、積もっても1週間と雪が残っていないような
温暖な土地なのですが、先週の大雪はまだまだ残っています。
そこに今週の大雪なので、こんなにも雪に困る年は珍しいと思います。

 

東北なので暮らしている人は雪には慣れていると思われがちですが、
上記のように温暖な土地である為に、先週の大雪であちこちで仙台や宮城ナンバーの車が
立ち往生している場面に出会いました。

スタッドレスにはもちろんしているようですが、そのタイヤが古いのかどうなのか雪をかまなくなっていて、
それでタイヤが空転しそこから動けなくなっていました。
平坦なところではさすがにそんなことは無くて、ちょっとした坂道などでです。
それと、まだ深い雪が残っているような住宅街で、さらにその雪が気温が高くなった為に
シャリシャリの状態で、車のタイヤが雪面をかめなくなっていました。
何度かバックと全身を繰り返してその場から脱出していました。

 

あまりの大雪だと、電器やガスなどのライフラインが止まってしまうことも心配の1つです。
震災からようやく復興してきているところでこの大雪なので、
またライフラインを気にするような自体は避けたいのが本音です。
寒さのピークは過ぎていてあと2、3週でもう間もなく暖かくなってくるので、
もう少し冬の充電期間を辛抱して、春に伸び伸びと過ごしたいものです。